名前:大橋一弘 Kazuhiro Ohashi ( Kz )

生年月日:November 3, 1968(さそり座)文化の日。明治天皇、漫画家手塚治(鉄腕アトムの生みの親)と一緒の誕生日!(凄いって自分じゃないけど)

趣味:音楽(KPop大好き)・映画・スポーツ鑑賞、読書、ゴルフ、旅行

特徴:単純(少しは疑え)、素直(自分が好きなことに対しては)、努力家(それなりに)、読書家(本さえあれれば退屈することなし)、決断力(もう少し考えろ)、考え抜く力(本当かぁ)、探究心(ゴルフに対しては)、ユーモア(自分で思っているだけかも?)、大食漢(食いしん坊!)、スポーツ万能(懐かしき若き日々)、没頭力(気がつくと飯抜きで10時間集中作業とか)

19歳で渡米、ノースカロライナ州シャーロット、カリフォルニア州ロサンジェルスを経て現在ニューヨーク在住!!ウェブライター、スポーツジャーナリスト、写真家、動画編集者として活動する50代オヤジ。プログラミング、動画制作、ゴルフにどハマりしてます(笑)

eBigBridge – Kazuhiro Ohashi Official Weblog
2002年からブログを書いています。コロナ禍をきっかけに全てを作り直しました。雑記ブログですけど私が思うこと、感じること、など素直に表現できる私の大切な場所!文章を書き続けて良かったことは、書くことで思考の整理が論理立ててできることです。「Scrivener」を利用して小説を執筆することも考えています!

Alpha Photograph – Imagine Beyond The Scenes
まだ出会ったことの無いシーンに期待して世の中をブラブラ散歩中。自分が美しいと感じた瞬間がシャッターチャンス。一期一会に感謝して不思議な偶然に立ち会う感動!Photoshop、Illustrator、Lightroomなどでデジタル加工するのが好きです。Canonミラーレス、Canon28-70mm f/2レンズだけで撮った世界観をどうぞ!

Command Artist – Welcome AI Generated World
AIお絵描き、やってますか? 人類は新しいフェーズに突入しました。AIを活用して何かを生み出す技術を手に入れたんです。Midjourney、Stable Diffusion、DreamStudioの世界は音声に、映像に、3Dの世界にも確実にやってきます。膨大なデータの中から最適解を見つけて自分がほしいものを生成する技術。今からAIに触れておきましょう!

英語で学ばナイト! – Knowledge Is Power
日本人の英語アレルギーを解消したいという思いから、自分が行ってきた英語学習方法を紹介、他に有意義なITなどを活用した学習方法なども伝授。今の時代、日本に居ながら英語習得はできます!後はやるかやらないか、毎日コツコツと積み重ねていけば1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後、3年後、5年後には進化した素敵な自分と出会うはず!

動画ブログ – Activate Your Creative Mode
「Final Cut Pro」「Premiere Pro」「After Effects」を活用して動画制作、動画編集など行っています!「TikTok」「Instagram Reels」「YouTube」等で配信、自分だけの幻想世界を表現できる楽しさにハマっているのと、「After Effects」を活用して創造する世界観が好きで、Motion Graphic Creatorとして活動してます!

Zipanguese – Age Of Discovery
地理が大好き、地図を見るのも好き!テクノロジーがこんなにも発展した時代に生きているからには地球全部を見渡したい願望を持っている私。フィジカルに行くことが出来ない場所でもインターネット空間だったら可能かも。あんな場所にも、こんな場所にも行ってみたい!旅は世の中を教えてくれます。待ってろ、世界!GeoLayersで創造する地図作成

Kz Productions – 3DCG By Blender
実写と3DCGを組み合わせた製作を行なっています。リアルで撮影した映像にメタバース的な要素を組み入れて、新しいイリュージョンの世界を創造。多数の人工衛星から構築されるWiFiが世界を覆い、インターネット3次元化が始動、ミラーワールド=並行世界が実装化される。AR・VRの世界から現実空間を体験。現実とバーチャルな環境を融合させる試み!

すべての人たちへ

自分が好きなもの(人)を大事にしてほしい。それらはきっと君を守ってくれる。苦しい時、寂しい時、それらはきっと君を助けてくれるだろう。大好きなものが多い人ほど、その人の心はきっと豊かであるはずだ。好きなものがあれば、きっと・・・・ Kazuhiro Ohashi

尊敬する人
かつてどの分野でもいいからトップだった人
今現在どの分野でもいいからトップにいる人
これからトップになるであろう頑張っている人

好きなこと
身体が嬉しいと感じることのすべて(変な意味じゃないよ!)
自分が向上心を持って毎日を生きているとき
自分の脳が音楽を聴いて感動しているとき
好きな女性、素敵な女性と一緒のとき
すばらしい映画や文学に出会ったとき
いろいろなスポーツ選手のプレーを観て感動しているとき
リラックスしながら落ち着ける人たちと食事しているとき
仕事をしていて「できるかもしれない!やれるかもしれない!」と燃えているとき(自分が熱い!)

デジタルカメラ履歴

2004. 5 – Minolta DimageX

懐かしいです。構図を考える習慣もなく稀にいい感じの写真が撮れることが多かった時期です。慣れてくるとデジタルカメラのパワー不足に不満を感じるようになりました。ズームをするとやっぱり画質が荒くなったんです・・・薄くて小柄で可愛かったんですが、手放す羽目に。お疲れ様でした!

2008. 5 – Canon PowerShot SD890 IS

ということで手に入れた新しいデジタルカメラはキャノンでした。10万ピクセルということもありかなり写真の色合いは向上したように思います。マクロ感覚の楽しさを覚えたのもこのデジカメですし、結構いろんな場所へ連れて行きました。で、ですね、海に行ったときちょっと異変が! いきなりピンボケをかますようになったんです。湿気がデジカメ本体の中に付着したのか、レンズ裏まで辿りついたのか、何もこんなとこでボケる必要はないかと・・・オヤジギャグ控えるから元気出して!

2012.3 – Panasonic Lumix GF3

高額な一眼レフを購入する前に一つクッションを置きたかったのでこいつを手にすることに。レンズ仕様ということで絵は格段に綺麗さを増したように感じます。軽量なことから持ち運びにも耐えうるし、思った瞬間がシャッターチャンスの機敏性にも対応。広角写真の面白さも体験できています。風景をミニチュアのように写す「ジオラマ」を16:9(人の視野に近いアスペクト比。奥行きや広がりを強調した写真)で撮影。後はインスタグラムに投稿する1:1(正方形のアスペクト比)も利用しようかなぁ・・・

2018.4 – HDR & Black White – Panasonic Lumix GF3

MacBookを購入してから再び写真を撮る意欲が湧いてきました。今回は(HDR)に挑戦してみようかな、と。HDR合成ソフトウェア・Photomatix Pro、RAW現象ソフトウェア・Lightroomを手に入れ、三脚を抱えながら街歩きをしてみよう!何か新しいものに出会えるかも・・・インスタグラムにもアップしていきます、自分のゴルフスイング動画と一緒に(下手だけど笑わないでくれ)!でっきるかな、でっきるかな、できるかなぁ~ P.S. モノクロ写真も単純な白黒写真じゃないことがわかり始めました!

2018.4 – Photo Retouching – Panasonic Lumix GF3

写真レタッチ。楽しいです。Lightroomで結構簡単に色々な変化を自分が撮ってきた写真に付け加えることができます。想像して創造する世界へ・・・自分の個性を出して行く。随分印象が変わった仕上がりになるので毎回フィニッシュはどんなものが出来るんだろう、とワクワクします(ほとんどはプリセット使ってますけど)。また写真を撮りに行く機会が増えそうです。俺ってもしかしてプロ、と良い意味での勘違いを自分の内に沸き起こさせてくれます。写真、売るサイトに登録してみようかなぁ(やめとけ!)

2023.6 – Diorama Picture – Panasonic Lumix GF3

ジオラマ(ミニチュア)写真だけのためにPanasonic GF3をキープすることに決めました!いろいろな場所へ持ち歩いて、様々なジオラマ写真を撮り集めたいと思います。これだったら後50年ぐらい、遊べるかなぁ。レタッチ必要なしの撮って出しの作品、要はどれだけジオラマ写真に相応しいロケーションを見つけるのか。ちょっと高めの位置から景色を見下ろせたり、見渡せたりする場所がお勧めです。

2023.6 – iPhone Photo

気軽に写真を撮るにはもうiPhoneを何処へいくにも持ち歩く必要があります。軽量で瞬時に取り出し、シャッターを切る。iPad Proとの連携も素晴らしく、Lightroomアプリで写真のレタッチ現像を行い、Photoshopで様々なスタイルへと加工できる便利さはもう利用するしかないです。写真をもっと身近なものにするためには如何にして日常の中でシャッターチャンスを確保していくのか。普段から想像力と創造力を鍛える仕組みをiPhoneは与えてくれます!

Close Menu